twitterでの誹謗中傷は弁護士に相談しましょう

twitter

Twitterとは?

twitterはリアルタイムで気軽にやり取りの出来るSNSとして日本でとても人気です。

芸能人や会社などの公式アカウントも数多くあり、多くの一般人も利用しています。

ただ、本名でなくてもアカウントを作る事が出来る上に、メールアドレスが複数あれば一人で複数のアカウントを運用する事も出来るため、匿名で他人を誹謗中傷するような使い方をされる事も少なくありません。

twitter社でもこのような使い方をする人への対策には頭を悩ませており、さまざまな対策を取っていますが、いたちごっこになっています。

もともと、自分が見られたくない相手に自分のアカウントが見られないように相手をブロックする事ができたり、自分が許可した特定のフォロワーにしか自分の呟きがみられないようにする事も出来たりはしますが、相手の誹謗中傷を止めるほどの強い対策はなかなかありません。

誹謗中傷対策には?

ブロックする際にtwitter社に対して、誹謗中傷を繰り返してくるアカウントを報告し、アカウントの凍結を求める事も出来ますが、審査に時間がかかる上に新しいアカウントを作られて同じことをされる被害も出ています。

ストーカーのように特定のアカウントに対して執拗に攻撃的な発言をしたり、脅迫まがいの言葉をかけるような事例もありますし、写真などから住所や勤務先を晒されたり、個人の写真を無断で掲載されたりして社会的に非常に大きな損失を受けた事例もあります。

そのような場合には、弁護士などに依頼して訴訟を起こし、アカウントの所有者を特定し、損害賠償を求める事もできます。

匿名のツールではありますが、twitter社に開示請求を行い相手法廷の場に出てこさせることができるので、弁護士に依頼するのは根本的な解決を目指すならば有効だといえます。

訴訟は初期費用もかかる上に、時間や労力もかかるので、なるべく避けたいものですが、放って置いた場合に被害が広がるのを防ぐためにも弁護士へ相談するのは大切です。

また、気軽に始められるSNSとして多くの人が利用しているからと言って、油断して自分の顔写真や、自分が住んでいる場所などが特定できるような写真を載せたり、地域に関する書き込みを多数行うのは避けた方が良いでしょう。

トラブルに巻き込まれないように予防しながら楽しみつつ、いざと言う時にはどのような場に相談すれば良いか、どのような対策を取る事が有効かきちんと知った上で上手に使っていきましょう。

Leave a Reply