ネット通販口コミで誹謗中傷されて売り上げが落ちた会社は実在する

ネット通販

ネットの悪口のこわさ

インターネットはとても便利ですが、使用している人全員が情報を発信できる非常にリスクも高い媒体です。モラルがない使い方をすると、個人情報を欠かれたり、悪質な誹謗中傷をされるケースがあるのです。最近は非常にこのような誹謗中傷の件数が多く、どこのサイトにも溢れています。芸能人などは、ちょっとした批判に反応していると仕事していけないような状況です。

韓国では日本よりもさらにこのような批判が多いようで、これが原因で自殺してしまう芸能人が後を立ちません。

日本でも有名な男性俳優も、実際にネットでの誹謗中傷が原因で亡くなっています。このように世界中で問題になっているネットでの誹謗中傷ですが、個人だけでなく法人をターゲットに書き込みされることも多いです。実際のお買い物の経験を元に口コミを書かれるのであれば問題ありませんが、あることないことを書かれて売り上げが落ちた、という会社も少なくありません。

ネット通販口コミのコワサ

例えばネット通販口コミで、実際に買っていない、またはまだ試していないのに悪い評判を沢山書き込まれて、それを見て他のユーザーが全く買わなくなってしまった、ということもあります。このような書き込みは一般のユーザーが嫌がらせとしてやっているよりも、ライバル会社の社員がすることのほうが多いようです。大手掲示板サイト2ちゃんねるではこういった書き込みが多すぎて、一般のユーザーが純粋な口コミを書き込んだケースでも内部の社員が書き込んでいるのではないか、と疑われることも多いようです。

まず、こういった悪質な書き込みをされた場合は書き込んだ人の発信者情報を追跡することから始めましょう。大抵の場合はIPアドレス(インターネット上の掲示板などに書き込みをする場合の発信者番号のようなもの)を把握すれば、大体の個人情報を特定出来ます。基本的には直接そのサイトの管理者に聞くことになります。

メールなどをして、書き込みをした人の行為によってこのような損害を被っており訴えたいと思っていることと、そのためにIPアドレスが必要ということを冷静に伝えましょう。この時、感情的になってしまうとやり取りしたくない、と思われてしまい教えてもらえないこともあります。もしくは警察経由、裁判所経由で明らかにさせていきましょう。

IPアドレスが判明すれば、その情報を警察につきだしましょう。その後は事件の内容によって対応してくれます。落ちてしまった売り上げは戻りませんが、早めの対策をおすすめします。

Leave a Reply