放置は危険!確実な対応が求められるネット監視

ネット監視

インターネットの恩恵と炎上リスク

現代社会においてはインターネットの利便性から多くの面で恩恵を受けることが出来ます。昔では知り得なかった情報を一瞬にして調べることが出来るといった大変便利なものです。しかし、ただそれだけではないのです。便利で有用な面は確かにありますが、その副作用とも言うべき悪しき側面が存在します。

インターネットの利便性や快適性といった事柄はそのまま受け入れて活用すればいいものでありますが、ネットの仕組みや特徴を知らないこととそれを放置しておく事のリスクは、例えば企業などの活動において致命的にも成りうるといった大変大きな打撃として姿を表わすことがよくあります。これを知っているかいないかで企業の活動に大きな差が出て来るといえるでしょう。

現代インターネットでは様々な事柄を調べられるといった「受け身」としての利用法だけではなく、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)などの場所において、自分の意見を自由に発信することが出来る「積極的」な活用法が出てきました。情報を受け取るだけではなく、発信していくことが出来る様になってきたのです。

SNSなどのサービスにおいては自分の意見に多くの人が反応してくれるということがユーザーにとっての喜びであると言えます。しかしながら、多くの人から注目されて支持を得るという人は全体的に見て、ほんのわずかな選ばれし人だけという狭き門です。そこで、なんとか注目を集めたい!という思いを持った人が、炎上目的の過激な方向に走りだすといった事がここ最近頻繁に見受けられるようになりました。そういった人たちが流す情報というのは確実さや正確さというものが考慮されていないという事が多く、いかにして他のユーザーとの違いを出すかということに重点が置かれていますので「正確じゃなくても刺激的であればいい」といった偏った情報になりやすいのです。そういう書き込みでいわれのない批判を受け、世間的なイメージを大きく損なう企業も増えてきました。

企業外部の人の書き込みだけではありません。その企業に勤めるいわば内部の社員などが自社への不満や労働環境への悪口を発信してしまうということもあります。こういうものはいつ起こるかということもつかめないことですので発信されてからできるだけ早くに削除などの対応をすることが求められます。内部の人間の情報も正確なものとは言えない場合も多く、日頃のストレスなどが要因で「憂さ晴らし」程度の事が良くあります。

ネット監視の必要性

しかしながら、そんな情報は時として企業イメージなどを著しく傷つけ、また不買運動などの現実的な動きとなって売上などの減少をもたらすという非常に大きい現実的な被害を伴うものにもなりえるのです。そこでネット監視はなぜ必要なのか?という議論が立ち現われてきます。先述のSNSだけではなく、個人ブログや様々なWebサイトで知らないうちに企業にとってマイナスのイメージが拡散されているといった事があります。これはとても残念なことですが、現代社会では昔なら人々の良心を当てにして経済活動だけに邁進できたといったことだけではすまなくなったということを意味します。特に匿名性に守られた顔の見えないサイトの場合、人の目を気にしなくていい事から「何を言っても良い」という雰囲気が蔓延していると言えます。ですから情報の正確性が求められず、内容も相当悪質で過激な方向に向かいやすいのです。

このようにネット監視をせずに放置しておくリスクは現代において、とてつもない打撃を受ける可能性があるものと言っていいでしょう。インターネットの特性としてまず第一にあげられるのがその「拡散性」というものです。ネット上に情報が発信された途端に、それを見た人たちによって瞬く間に拡散されます。オンライン上と言うのは「ネットの情報を鵜呑みにすることは危険な事だ」というリテラシーをしっかりと認識している人ばかりではありません。その情報の真偽を疑わずにそのまま受け入れてしまう人がたくさんいます。この場合、何か対応をしておかないと致命的なイメージダウンにも繋がるのです。何もしないことは平和であるということを意味しない時代に入ってきたと言えるでしょう。

ネット監視によって企業にとってマイナスの情報を見つけ、直ちに削除依頼を出すなどの対応が求められてくるのです。「火のないところに煙は立たない」と言うのは現実社会に限った話でネット上では何もないところからいきなり炎上するということが多くあります。

ネット監視業者とは?

しかし、マイナスの情報を見つけ例えば削除依頼をしても、2ちゃんねる等の匿名掲示板などでは削除してもミラーサイトと呼ばれる、過去の書き込みをそのまま転載して載せていくサイトが次から次へと生まれています。この場合自社でネットの書き込み対策などをしていてもとてもではないですが間に合いません。人件費や労力といった面から見てもまったく割に合わないと言えます。しかしながら先ほど言いました様に放置しておくことのほうがリスクが高いです。そこで現代、新たに出てきたそんなニーズに応える「ネット監視業者」と言われる職業が出てきました。

いわれのない批判や虚偽の書き込みなどは、いつ出てくるかといった事は全くわかりません。そして企業のネット監視専門部署を新たに立ち上げるといったこともコストや労力的にかなりのマイナスになります。しかし先程も言ったとおり放置をしておくと企業イメージのダウンによって売上の減少や株価の低下など多くのダメージとして返ってきます。インターネットの検索は日々世界的な規模で膨大に使われています。そこでは多く検索された単語が「サジェストワード」とともに予測検索として上がってくるようになるのです。

例えば「~会社ブラック企業」であるとか「~会社低賃金」などイメージダウンだけではなく悪評の固定化といったことまで起こり得ます。これはそうなる前に何か対策を打たなければイメージ回復が容易ではないと言っても過言ではありません。株価や売上などは世間的にその企業が持たれているイメージによってかなり揺れ動くものです。ですから知らないうちにどこかで発生しているかもしれないリスクを素早く感知していち早く対応していくといった素早さが求められてきます。

ネット監視業者というのはネットに関するリスクの専門家であり、またネットの特性も熟知していることから過不足のないネット監視サービスを遂行してくれることでしょう。これは自社の労力を減らすこと無く、またネット監視においては効率的で効果的なやり方によって確実に成果をあげてくれるものですから巷では注目を集め始めています。

企業は良い製品だけを作っていればいいと言う時代は残念ながら過ぎました。目に見えない様々なリスクをこちらから積極的に感知し、しっかりとした対応が求められるのです。現代社会では日々新たな問題やニースなんかが生まれてきます。しかしそういったものにもしっかりとした受け皿というものがあるものです。ネット監視サービスといったものもその一つであるといえるでしょう。そういった難しい問題解決にはその筋の専門家に任せると余分な労力やコストが抑えられ、多くのことがスムーズに行くようになるというものではないでしょうか。「餅は餅屋」と言いますが全く新しい社会的な問題であるからこそ良く知った人に任せる柔軟性が必要なのかもしれませんね。

Leave a Reply